慰謝料

慰謝料は、離婚に伴って被った精神的苦痛という損害についての賠償金です。

 

夫婦間で話し合いが付かない場合、
調停や裁判を申し立てて決めます。
離婚に際しては、離婚調停や離婚裁判の中で決めることになります。

・不倫や暴力などにより離婚に至ったような場合には、
 慰謝料を請求できます。

 

・離婚であれば、どのような場合でも慰謝料が認められる
 というわけではありません。
 慰謝料が認められるためには、
 相手方の行為が違法といえる程度のものであることが必要です。
・よくある性格の不一致や価値観の違いなどが離婚の原因という場合には、
 よほど酷い場合でないと、慰謝料を請求できません。

 

・慰謝料額は、相手の違法な行為の程度によって異なります。
 夫婦で合意ができれば別ですが、
 裁判になれば100万円〜300万円程度になることが多く。
 高くとも500万円以内に収まることが多いようです。